ベースの練習におすすめの教則本

最近、今さらながらにベースの基礎練習をしています。

使っている教則本は、リットーミュージックの「一生使えるベース基礎トレ本」です。

この本、結構すごくて、通常のタブ譜ではなくて、五線譜の上に弾く弦(4弦ならE)とフレット数を指定し、
「E4なら4弦Eフレットを押さえる」というありそうでなかった表記をしています。このことにより、タブ譜の併記より
多くの譜面を記載できるうえ、ユーザーが五線譜になれるという効果もあります。素晴らしい。
さらに5弦用と6弦用の譜例もあるので、5弦ベースユーザーにも有用性が高いです。

この教則本、僕もまだまだ始めたばかりですが、最初の方はひたすら開放弦を弾く練習です。なんとエクササイズ1から24まで、ひたすら開放弦で、右手のトレーニングです。しかも結構難しい。

ほんと基礎練習の重要さを思い知らされる1冊です。初心者だけでなく中級、上級の方にもおすすめです。

ちなみの僕は電子書籍で、半額セールのときに購入し、Kindle Fire HDの大画面で使用しています。
なかなか快適ですよ。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック